« 今日にこにこだねー! | トップページ | Baby Rabbitの最初の言葉は... »

赤ちゃんの脳

1月21日、NHKスペシャル「赤ちゃん 成長の不思議な道のり」という番組をたまたま見ました。

色々と興味深い赤ちゃんの脳と発達のレポートでしたが、その中でも私が特に面白いと思ったもので、英語を母国語とする赤ちゃんに中国語のテレビを見せるという実験がありました。

テレビの内容は、中国語を話すお姉さんがおもちゃなどを使って見せたりする教育番組みたいなものでした。

後で、それを特定期間見せられた赤ちゃんとそうでない赤ちゃんの脳が、どの程度中国語を認識出来るか比べます。(月齢8ヶ月くらいの赤ちゃんだったかと思いますが、ちょっと定かではないです。あしからず。)

驚いたことに、両方とも中国語を認識していないという結果になりました。
つまり、テレビからは学んでいなかったのです。

次に、同じ時間分を今度はテレビの中にいたお姉さんが実際に赤ちゃんの前に現れて、同じことをしてもらいました。違いはテレビレッスンか、対面のレッスンかという状態です。

あとで、またそのレッスンを体験した赤ちゃんとそうでない赤ちゃんの中国語に対する脳の反応を調べます。

結果は...ここまでくると想像がつくと思いますが、対面でのレッスンを受けた赤ちゃんの脳は中国語を認識しました!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

れを見て私はやっぱり人を介さないreceptiveな学習法は弱い---効果が少ない、または全くないんだなーーーとしみじみ感じました。

この時から、自分の子には特に意識して語りかけるようになりました。ベッドの上に吊るしてあるモビールにもできるだけ私自身が揺らして見せたり、抱っこして側で見られるようにしたり、タッチさせたりと色々です。

親子のコミュニケーションは大事、と言いますが、こんなところからコミュニケーションは始まっているんですね。

小学校などで、時々先生がお休みになるとその時間ずーっとただビデオを見せられたりしたことがありましたが、あの時には既に年齢がいっているので多少は学べるものもあるでしょうが、替わりの先生がもっと何かを語りかけたり教えてくれるような授業の方が、記憶に残る身のある一時間になるような気がします。

子供に英語を、という事で様々なCDやビデオ教材なども出ていますが、ただ子供に聞かせて/見せているだけで放っておいているんだったら怖いなと思いました。その時間ずーっと無に等しいと考えるともったいないですよね。

人気ブログランキング参加中!

“なるほど〜”と思ってもらえたら→ママとベビーのEnglish

« 今日にこにこだねー! | トップページ | Baby Rabbitの最初の言葉は... »

5. Mama Rabbit's コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522538/10483154

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんの脳:

« 今日にこにこだねー! | トップページ | Baby Rabbitの最初の言葉は... »